昨年の夏、私は長女に3枚のポロシャツを買いました。ワンサイズ大きくして、130サイズを選びました。素材は綿100%。他にポリエステルのポロシャツもありましたが、肌触り優先で綿100%を選びました。

ところが、綿100%nポロシャツはゴワゴワでかたく、真夏に着せるのが可哀相なほど分厚いのです。

↓数年前の夏、旦那さんがこのポロシャツに戦力外通告したのです。
Come On!!貧乏ミシン部
襟が少し変色していますが、特に目立った外傷はありません。(刑事気取り)また着ると言ってくれるんじゃないかと、かすかな望みをかけて、手をつけぬまま保管していました。

しかし、旦那さんがダイエットに成功して、3L→LLになったこと受け、私も諦めがつきました。このポロシャツは、処分することにしま・・・・、ちょっと待てよ?

さっき、長女のポロシャツを買おうか迷っている私が、旦那さんのポロシャツを捨てようとしている!!

襟を何とかすれば、このポロシャツイケるかもしれない!!

↓で、ファスナーを残して、前身頃を裁ちました。
Come On!!貧乏ミシン部

↓後ろ身頃は、切り替えしにギャザーを入れて、涼しく!!
Come On!!貧乏ミシン部

↓袖からは袖を、ポケットからポケットを。身頃の余った部分で襟が取れました。
Come On!!貧乏ミシン部

↓前身頃にポケットを付けて肩を縫い合わせます。
Come On!!貧乏ミシン部

↓後見頃は中央にギャザーを寄せてこんな感じ。
Come On!!貧乏ミシン部

↓襟は裏側の内側に接着芯を貼ったのに、アイロンの時に表裏を間違えてしまい、表に接着芯が貼った状態で仕上がってしまいました。
Come On!!貧乏ミシン部
失敗!失敗!でも、まぁどっちかについていれば、襟にハリがでるからいいってことでお許しください。次は間違えないぞ!!

既製品は既製品独特の縫い方があるみたいで、今回ほどいたポロシャツも、見たこともないような仕組みで襟が縫われていました。

↓見よう見まねで、作った襟を差し込み何とか形に。
Come On!!貧乏ミシン部
今回の山場は間違いなく、この襟だね!!ってことで、普段待ち針でガンガン縫っている私が珍しくしつけしましたよ。し・つ・け!(笑)

↓ジャーン!!最近大活躍の100円ショップの白バイヤステープでカバー!!
Come On!!貧乏ミシン部
思っていたよりもうまく仕上がりました。ここができれば、9割終わったようなもので・・。

↓と思ったら、袖口が!!袖口が!!
Come On!!貧乏ミシン部
リメイクにありがちなミスです。袖から脇の下を通って身頃の裾まで一気に縫うとこうなります。面倒でも、脇の下→身頃の裾、脇の下→袖口、の2回に分けて縫った方が、綺麗に仕上がります。特に今回は、伸縮素材だったので、ズレる可能性は、かなり高かったと思います。

はい、ほどいて、やり直し!!
(全然、9割終わっていませんでした)

↓はい!!130サイズのニセモノスクールポロシャツの完成です!!
Come On!!貧乏ミシン部
ファスナーって所がちょっと気になりますが、学校へ着て行ってもらいましょう。襟付きだし、白だし、校則には違反していないと思うんですが。

↓朝の一番忙しい時間(7時20分台)に、無理やり撮影。
Come On!!貧乏ミシン部
怒ってる?怒ってる?口元が、間違いなく怒っているよね。(涙)でも、着画を楽しみにしてくれている方もいるからね?ね?

こうやって見てみると、ポロシャツって言うより、体操服みたいですね。長女の小学校は丸首の体操服ですが、私が小学校の時は、こんな襟のファスナー付き体操服でした。走るのも遅くって、いつも体育は「2」だったなぁ。もちろん家庭と図工は「5」だったけど。

↓私が3枚買ったポロシャツ、これだ!!

↓何かと役立つ、両折りバイヤステープ。