貧乏ミシン部員の方限定。「貧乏ミシン部の記事を見て、こんな作品作っちゃいました企画」ご応募お持ちしております。くわしくはこちら。

9月の三連休に、保育園の運動会がありました。次女のご機嫌は起きた時からすでに最悪。グランドに到着しても先生の横でシクシク泣いていました。ここぞ!って時にいいところを見せられないところが私似です。(笑)

そんなグダグダな運動会でしたが、少しうれしかったことがありました。それは、次女が自分で取り出して着たその日の体操服が「ニセモノ体操服」だったことです。

ニセモノ体操服が、次女本人も気にしないぐらい暮らしに馴染み、よりホンモノに近くなっている事を感じました。私はひとりでニンマリ。

運動会はたくさんの保護者の方も来るので、親としてはできれば本物の体操服に着替えさせようかという気持ちもありましたが、先ほどお話しましたようにその日の次女は朝からグズグズだったので、ニセモノ体操服のまま運動会に参加しました。誰からも、体操服のことをつっこまれることもなく、無事、金メダルをもらって帰ってきました。(かけっこは3位ですがみんなに金メダル)

ちなみに、「袖からニセモノ体操服を作る その2」の方は、ウエストに使用したウール地が災いして「ウエストが硬い」と次女からクレームが。まぁ成功があれば、失敗もあります。何事も勉強ですね。

前回、完成した「小さな青い刺しゅう」をフレームに入れたいと思います。

↓ステッチした布地が小さすぎて台紙の後ろへやれないので、白い布を足しました。
Come On!!貧乏ミシン部
私が使用しているのは画材屋さんでワゴンセールになっていた絵画用のフレーム。厚みに余裕がないので、極々薄い布を足すことにしました。

↓裏側はこんな感じ。
Come On!!貧乏ミシン部
血迷って縫い代をアイロンで開いたりしましたが、麻布の厚みが倍増して返って落ち着かず失敗に終わりました。撮影後、縫い代を外側に倒した形にアイロンをやり直しました。

↓1ミリ厚のグレー台紙をカットし、青い布を木工ボンドで貼ります。
Come On!!貧乏ミシン部
こちらも最初、調子に乗って2ミリ厚の台紙を使用したのですが、フレームの背板が留められず断念。厚みをもっと意識してフレーミングしなければならないことを学びました。何事も経験ですね。

↓はい貼れました。
Come On!!貧乏ミシン部
一見、簡単な作業に見えますが、ドットを歪ませずに貼ることが、思いのほか難しく苦労しました。布は縦・横・斜めに伸びますので、力を入れず、かつ、シワを伸ばしながら貼るってのがなかなか難しい。かと言って無地だとボンドのシミが目立つし、悩むところです。

↓台紙の裏でマスキングテープで仮止めをして、フレームに入れます。
Come On!!貧乏ミシン部
この作業何度も何度もやり直しました。クロスステッチが中心にくるようにバランスを取るのが難しくて。以前は作品にシワが寄らないことを優先して、裏をテープではなく糸で縫ってパーンと張りを持たせるようにしていましたが、中心を決めるまでの微調整をするにはやはりマスキングテープの方がよいかと思いました。(表側に折り目やシワが目立ちますが)

また、マスキングテープで固定した後も微調整ができるように、中に入れる台紙をほんの少し小さめにして、フレームの中で遊びを持たせると微調整しやすいなぁと思いました。

↓なんとか妥協点を見つけ、完成させたのがこちら!!(ちょっと反射しちゃっているけど)
Come On!!貧乏ミシン部
青いドットの布、「小さなピンクの刺しゅう」で使用したピンクのドットと同じシリーズで、刺しゅうが完成する前から購入してあったものです。いかがでしょう??マリンな感じ、倍増しましたでしょうか??

こうやって見てみると、まだ右上がりかなー。旗が右側に行くほど高くなっている・・・。(涙)

家に着くまでが遠足であるように、クロスステッチも仕立てやフレーミングして初めて完成なんだと心のノートに書き記しましょう。何事も即行動を胸に、2013年のラストもふんばっていきたいと思います。

↓季節外れのマリンにポチっとお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓ずーっと刺したいと言いつつ、先延ばしにしている私。今年のクリスマスも見送り。

↓ちょっとー、ちょっとー、わたし好みなんじゃないのー。(笑)
【送料無料】クロスステッチの小さな額

【送料無料】クロスステッチの小さな額
価格:1,260円(税込、送料込)