「新開発!ポケットティッシュマジケース」(2011.09)から丸三年!

とうとうマジケースの第二弾の開発に成功しました!!私が考え抜いた「扇風機マジケース」です。どうぞ!パチパチパチ!!

↓きっかけは、100円ショップで買った扇風機カバーがズタズタに破れたことでした。

扇風機の保管場所の日当たりが良さが災いしてこんな状態に。その強度は湯葉並み!(笑)触ったところからもれなく(笑)破れます。不織布って日光に弱いイメージありました??こんなにも弱いなんて全然知りませんでした。

我が家には扇風機が3台ありまして、うち2台がこの不織布カバー。
残り1台は手作りカバーをかぶせていました。

↓扇風機カバーを手作りした記事はこちら。
「買えばいいのに扇風機のカバーを作ってみる」(2010.03)

使えと言われれば使えないこともないけど、使いやすいとは思えない作品でした。何が使いにくいって、それはカバーの脱着。頭の上から覆いかぶさるようにして、扇風機の土台の下でゴムがキュっとなるこの形。被せるところまではいいんです。土台にゴムをかけると・・・・。

絶対、倒れる。
扇風機は頭が重いから、絶対、倒れるんです。


湯葉のようになった不織布のカバーを見た初夏から、私はずーっと考えていました。10年いや20年使い続けたくなる扇風機カバーってどんなだろうって。

まずは素材選び。とにかく太陽に強くなければなりません。保管場所をかえる気はありませんので。

扇風機を日光から守ってくれるお方はおらぬか・・・??

↓立候補者が現れました!!旦那さんが独身時代に使っていたと思わる遮光カーテンです。

あぁあなたなら、日光にも強そう!!

実はこの遮光カーテンの画像ファイル、プロパティを開いてみてみたら日付が2010年10月。未練がましく、4年間も捨てずにこのカーテンを保管していたのか~!!自分でも呆れる・・・。

↓これちょっと柄がうるさいので、裏面のグレーを表にして使うことにします。

フリーハンドで、上部左右の角を落としました。

↓ファスナーは旦那さんのジャンパーについていたオープンファスナーを再利用。(オープンの必要はないけど、使い切りたかったので)

ジャンパーのファスナーはしっかりしていて幅も広いので、この先、使うチャンスなんてあるのかなぁと思いつつも残してあったんですが、今回のようなカバー類に使えることが判明!!ジャンパー類のファスナーも取っておきましょう!

マチ針も打たずに、ファスナーをガーガー縫ったら、こんなに差が出てしまいました。カーブの部分はバイヤスみたいに生地が伸びるから慎重にしないとだめですね。やり直しませんけど。(笑)

↓正方形の底をつけて上から出し入れするタイプに。


↓持ち運びしやすいように持ち手もつけて。


↓何かに使いたいなぁと思って残しておいたこのパーツ。

子供が、よちよち歩きだした頃のリュックサックのパーツです。

↓パーツをこんな感じに縫い付けたら完成です。

ファスナーの中心も考えずに縫ったので、左右対称になっていませんが気にしないでください。

↓扇風機を入れたら、全然気になりません!!(笑)千と千尋の顔ナシみたい・・・。


↓シーズンオフは、コンパクトに畳んで保管。素敵ぃ~。(自己満足)

完璧!!と思って持ち上げたら・・・。

↓破れました。遮光カーテン、日光には強いけど、重さには弱いみたいです。(長年の保管で生地が弱っていたのかも??)


↓仕方がないので、厚口の接着芯で補強しときます。

接着芯はアイロンで仮止めができるので、持ち手のついた表側を見て縫うとき、ズレなくておすすめです。

というわけで、同じものを2枚縫いました。グレーを表にしたところが、既製品っぽさが増して満足のいく仕上がりになりました。

↓今日押さなかったら押す時無いよ。(笑)だって新開発だもの。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓時間がない人は買ってね。

↓私も一瞬、上の部分だけでもいいかなって迷いました。