気がつけば、これが2年前。

「クロバー 熱転写ペンシルの裏技」

「バラバラになっちゃう金糸で刺しゅうするコツ」

↓コツコツ刺しゅうを続けて・・・。

これ裏面です。金の刺しゅう糸に初チャレンジしたら大変なことになって、いろいろ工夫しながら裏に残った糸の処理をしているところです。詳しくは、上記の過去記事ご覧ください。

↓この刺しゅうが完成したのが、2014年5月26日。約1年前。


↓裏はこんな感じ。

クロスステッチ以外の刺しゅうはあんまりやったことがないので、下手くそですが、とにかく仕上げることを目標にがんばりました。

刺しゅうが仕上がってからも、ちょうどいい額を探して、探しまわり、そして、今月、やっとぴったりな額縁が見つかりました。人生初のオーダーか?と覚悟していましたが、オーダーなんて大それたことをしなくても普通にホームセンターにありました!(笑)40センチ×20センチのゴールドの額縁です。

2700円に消費税、貧乏ミシン部としては高額商品ですね。

周りを囲むマットの布地にも悩んでいたんだけど、これまた今月になってこれだ!って布に出会いまして・・・。第一候補だった布地を蹴って、こちらにしました。

落ち着いたグレーの中に赤とゴールドの模様が入っているのですが、分かりますか?

↓さらに内側にはオレンジの紙も挟みました!ちょっと引き締まった印象になりました。

最初、赤い紙もあててみたりしたんですが、少し暗い印象になったので、オレンジを選択。

刺しゅうの上下に1センチずつの余裕をみていたのに、刺しゅうのシワを伸ばそうと、引っぱったら、マットギリギリにまで伸びちゃって、ギリギリに・・・。実は刺しゅうが一部隠れてしまって、マットの位置を調整したり180度回転させたりして、刺しゅう全体が見えるように何度もやり直しました。少し狭い感じもしますが、これで完成!

これは一生モノになる!
私が介護老人ホームに入居する時もぜひ持っていきたい!


と思ったので、裏はマスキングテープやドラフティングテープなんて自宅にあるありあわせのテープではなくて、何十年経っても劣化・変色しないというちゃんとした額装用の紙テープを使いました。

ホームセンターで切り売りしてもらって1M70円です。

いつも貧乏くさいものばかり作っているので、貧乏ミシン部を振り返っても何を作ったのか思い出せないものもあるのですが、これは、きっとおばあちゃんになっても忘れない、一生モノの作品です。しかも幼かった次女が描いてくれたお絵かきと貧乏ミシン部の合作ですぞ!

↓アーティストは意外と近くにいたりして・・・我が家のクリムトに、ポチっとね。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓額装テープ、これです!これこれ!高っ!

↓私、クリムトの本物見ました。オーストリアで!
【クリムト額装ポスター】接吻(440×540×13mm)

【クリムト額装ポスター】接吻(440×540×13mm)
価格:5,670円(税込、送料別)


↓母の日より地味な父の日って・・・。