こちらの2つの記事の最後に【追記】として少し書き足しました。貧乏ミシン部を知り尽くしたい方、その後の様子が気になっていたという方は、ぜひ読み返してみてください。

「速報!おんぶチュニック当選者発表」
「リバティでがま口はんこケース」



↓我が家に着てもらえないキャミソールがありました。サイズは140。


そして一番のお気に入りだったユニクロのTシャツも、ある日ピタリと着てもらえなくなりました。

理由は同じ。

素材が薄すぎるんだそうです。「えぇ?涼しくていいじゃーん!」って言いたいところですが、そんな問題ではないらしいのです。

私が子供の頃は、「グンゼの肌着」→「スポーツブラ」のコースでした。しかし、現代に生きる小学生は、「1枚仕立てのキャミソール」→「2枚仕立てのキャミソール」→「2枚目だけが少し厚い素材のキャミソール」→「カップ付キャミソール」→「スポーツブラ」という、成長に合わせた小刻みなステップ(?)を踏んでいるのです。

つまり長女は、胸の形が分かるような服や下着は着たくないというわけです。2枚仕立てになったキャミソールも4枚ほどあるのですが、そればっかり回転して、この1枚仕立てのキャミソールだけ着てもらえないなんて悲しすぎる。あっという間にサイズアウトしちゃうくせに!

↓だったら2枚にしちゃえばいいじゃん!ということで、出ました!またしても保管していたベビー肌着!!!

保管しすぎて襟元が変色しちゃっています。でも大丈夫、今回は背中の部分を使うから!

↓キャミソールにあててカットしてみました。(キャミソールが歪んでいるから型紙なんて作っても意味がない・・・・)


↓ロックミシンの糸を替えるのが面倒で、ジグザグミシンでグルッと一周。


↓あとは表にひびかないようチクチク手縫いするだけ。

キャミソールの縁が伸縮テープになっているので、チクチクしながらも、横に伸ばして、着る時に「ブチッ」ってならないように気をつけました。
(画像を見て思いました。手が・・・手が・・・日焼けしている)

↓矢印で示した部分まで縫いました。ペラペラして邪魔かしら?縫い留めた方が?


↓ベージュのベビー服をチョイスしたおかげでご覧下さい!全然気になりません!


↓厚みのあるテープのおかげで表に手縫いのチクチクも響かずいい感じ。

ユニクロのブラトップを思わせる、なかなか完成度の高い仕上がりになったと思うのですがいかがでしょうか?ベビー服の素材って肌触りがいいし、やっぱり便利ですね。こんなことに使うのなら、柄のないベビー肌着にすればよかった・・・。柄入りのベビー肌着、まだ残っています・・・。

↓ベビー肌着すら捨てられない私に、ポチっとね。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓ほら二重!私の時はこんなの無かった!

↓こんなのも無かったと思うんだけど・・・。