毎回、毎回、捨ててもいいようなものに時間をかけ、どうにか使えるぐらいの状態にリメイクしているので、「どれだけ貧乏なんだ?このひとは!」と思われていると思います。現実に友人「花嫁」からも「あんた、いいかげんにしないとすっごい貧乏だと思われているよ」と忠告がありました。

過去の記事に記録されているリメイクは、必要に駆られてやっている・・・・・とも言えますが、やりたいことをやりたいようにやりたいだけやっているとも言えますので、なかなか贅沢な生き方です。

↓針も糸も持たずに暮らしている(←皮肉)友人花嫁が、数年前に持ち込んだサロペットがこちら。

共布の肩紐があったんですが、撮影したと勘違いして切ってしまいました。すみません。

福袋に入っていたんだけど、着ないからって。
こういうの、貧乏ミシン部的には「宿題」って言うのよ!

私から言わせれば、福袋を買うこと、それがすでに間違っている!

中に1つか2つ当たりがあればめっけもの。それ以外はゴミと化すことがアラフォーにもなって分からないのか!と声を大にして言いたい!私なんて小学4年生で悟ったもんね。(笑)
あれ以来、1回も福袋には手を出していません!!(←自慢)

でも福袋大好きな人に言わせれば、「人生の楽しみ」をひとつ失っているのかもしれませんが・・・。

と言うわけでこのサロペット、どうしましょう?
「賢く見えるコーデ」をモットーにしている私はまず着ない・・着れないし。(涙)

ここは、やっぱりこっちゃん?!

「サッカー生地祭り ブラウスとハーフパンツでパジャマ」で作った紫のパジャマ、破れを直したのに、また同じところが破れまして・・・。もう小さくなったのかなってことで、卒業しました。

そしたら私が部屋着として愛用していた「サッカー生地祭りファイナル ペチパンツ」をよこせと言い出しまして・・・。

それは困る!だって、過去に縫った「丸首のブラウス」とセットにしてパジャマにしているんだもの。色味もぴったりなんだから!(笑)

↓というわけでこっちゃんの部屋着用にサロペットのリメイク開始です。

夏用ということで、スカースカー風が入ってくるように、ひざ下ぐらいでカット。

↓大胆ですが、胸当てを全部カット!

そうです。これがあるからややこしいんです。

↓スッキリしました。

パンツの幅はこのままでOK!

↓股上は長いので4~5センチほど切って。

切り落とした部分は、幅を調整して、ベルト部分に再利用します。

↓パンツ本体は黒い色でギャザーを寄せ、ベルトに挟み、さらにさっき切り落とした胸当て部分を逆さまにしたら、ほらリボンみたい!

元々のサロペットのかわいらしさを残せたような気がします!ゼロからパンツ縫っていたらこんな面倒くさそうなリボン作らないだろうし、利用できそうなものは利用しましょう!

↓ベルトを縫ってギャザー用に縫った黒い糸を抜き取れば完成です。

地味好みの私の作品とは思えないかわいらしさ。

↓胸当ての後ろ部分は、シャーリングになっているので、ウエストのゴムを横に伸ばしても、一緒に伸びてくれます。


あぁ何とか留学生が泊りに来る前に仕上げることができました。セーフです。セーフ!
長女も気に入ってくれ、白いTシャツを合わせて毎日着てくれています。下手すると、これは中学生ぐらいまで着てもらえるかも。こっちゃんのウエスト次第か・・・。

↓〇年越しの夏休みの宿題を終わらせた私にポチっとお願いします!元気をちょうだい!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓サロペットってフランス語なんだって。


↓それに対しオーバーオールは英語でデニム地が多いそう。ニュアンスが違うだけで、意味はほぼ一緒らしい・・・?