今回はタイムリーなダウンジャケットのお話をちょこっとだけ。

今シーズンに入って、ダウンジャケットを新調しました。
貧乏ミシン部でTOP3に入るであろう人気記事「祝1周年!ユニクロのダウンジャケットをスリーパーにリメイク」以来、モンベルのダウンジャケットを愛用していましたが丈が短いのとアウトドアメーカーなので少しカジュアルすぎるということでおしりが隠れる長さのものが欲しいなぁと思っていました。

子供たちにはユニクロのダウンジャケットを着せています。ダウンはユニクロで十分です。でも、ユニクロの服が似合わなくなっているので(スタイルが悪い上に歳をとったからか?)、少しお金を足して他の店で探しました。ユニクロってインナーならいいんだけど、それ以外はシンプル過ぎて難しくなってきました。

前回の記事にもいろいろ書きましたが、買い物をする時はあーでもない、こーでもないといろいろ考えて考えすぎて疲れてレジに持ち込むのですが・・・。

↓家に帰ってみたら、あれ?ってことよくあります。

急に冷え込んだ昨日、ダウンジャケットを着てみたら・・・。

白い糸が?

なんだこれ?片方しか撮影していませんが、右にも左にも糸が出ています。しかも一番目立つ前身頃の胸の部分。

引っぱると糸が少し伸びます。
でもこれ引っぱったらいけない糸じゃ?(笑)
ほつれの原因になりそうな予感が・・・。

丁寧なやり方としては、引っぱった糸がそこそこ長ければ針に通して、洋服の生地の向こう側にやってしまうのもアリだと思いますが、面倒な場合はそれ以上引っ張らず、ギリギリのところで切る、ダウンジャケットの生地を切らないように細心の注意を払って切る!

↓そして、ここがポイント。

かすかに見える糸の断面をペンで染める!!
これ、驚くような方法ではないけど、なかなか使えます。
油性マジックとか使いたくなるけど、ここは白くなければいいんだから・・・と水性のペンあたりにしておくのが良いかと。だって油性マジック、新品のダウンジャケットに付いちゃったら泣くよ!(爆)

水性でもなんでもいいので、とにかくその無駄に白い糸を染める!!
他にも、革をカットした断面などなどペンで塗ることで目立たなくできるところって意外とあります。

↓ほーら、全然分からない。

ピロ~ンと出た憎ったらしい糸に、ぜひお試しください!
色で解決できることもある!

いきなり寒くなって大人気リメイク「リメイク100個目!!コリラックマのクッションを湯たんぽカバーにリメイク」も我が家で活躍中!2個しかないので取り合い・・・。(涙)

↓実はやる気の元!ポチっとお願いできませぬか?(笑)
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ


↓今読んでいるのはこれ!貧乏ミシン部が好きな方は絶対ツボだと思う!!

↓リラックマは正規商品なので購入できますよ!