毎朝、登校する子供の後姿を窓越しに、「早く行け!」と思う・・・・日もあるし、天気が悪く吹雪いていたりすると、「ごくろうさま」と思う日もあります。どんなに風が強くても決まった時間に家を出なければならない学生やお勤めの方には、本当に頭が下がります。

私たち夫婦の仕事場は、自宅から徒歩30秒。だから、なおさらです。

癖になるので子供をむやみに送迎しないようにしていますが、具合いの悪い時ぐらいは、送迎しようといつも思っています。過去に私が母にお迎えを頼んだことがありました。高校生の時と、社会人の時だったの2回。でも、そのどちらとも、「が・ん・ば・れ!」と電話を切られました。嘔吐しそうなまま、金沢駅でうずくまったのも、今となってはよい思い出です。(←もちろんイヤミ)

さて、学校で許されている防寒具は、ほぼ限られています。うちの地域ではスキーウエアのようなものは着用しないので、タイツだけでは寒かろうと、今シーズン裏起毛のレッグウォーマーを購入しました。

↓なんと5セット!(2セットしか写っていないけど)

私と、長女、次女、実家の母、花嫁の分です。裏起毛とひとことで言っても厚みは様々ですが、これは最強の裏起毛でした。

毛布並み!!

それぞれボタンをつけました。リビングにぬき捨てた本人を特定するためだけに!白いボタンが長女、赤いボタンが次女、ボタンの無いのが私です。たぶんうちの小学校でレッグウォーマーを使っているのはうちの子だけです。家から学校の玄関まで装着(笑)して、内履きに履き替える時にシャ!!と取ります。友達と一緒がいい!!というお年頃なのに、毎朝つけて行くところを見ると、かなりあたたかいのでしょう。

レッグウォーマーの他にネックウォーマーも欠かせません。付け忘れると、ダウンジャケットのフードをとって黄色い安全帽を脱いでから、首を通さなくてはなりません。

1秒を争う朝の時間、「そのままネックウォーマー無しで行けば?」と思うのですが、安全帽を脱いででもつけるところを見ると、やはり付ける価値があるのでしょう。

昨年、「ラウンド1のネックウォーマーをあったかさ2倍に!」でラウンド1でもらったノベルティのネックウォーマーを長女の分だけ二重にしました。

車で送迎していたので、次女の分は保留になっていました。

でも、今シーズン(随分経つけど)に入って、次女のネックウォーマーが見当たりません。明日は大寒波が来るという天気予報を見て、どうにかせねば・・・と思っていました。

↓長女が保育園に入園する時に、洗い替えにと買った柄違いのフリース。

メーカーもサイズも同じです。お下がりで次女にも着せてお役目御免になりました。柄もかわいいこの2枚のフリースで、リバーシブルのネックウォーマーを作ってみます。

↓脇の下あたりを2枚ともチョキン!

綿やウールに比べると、洗濯を繰り返してもヘンな方向に伸びないのでフリースはリメイクしやすいですね。

↓ボーダーのライン優先で裁断し、もう1枚も同じサイズにカットします。


↓巾着袋を縫うときのように、上の部分だけ開けておきます。

ネックウォーマーの幅は、ラウンド1の幅を参考にしました。小さすぎると脱着しづらく使ってもらえないのであまり横に伸びない素材を使うときは幅に気をつけたほうがいいですね。

↓ちょっとボーダーがずれてしまいましたが、中表にして縫います。


↓もう片方は外表にした状態で、端を内側に折り紐を通す部分を作ります。

フリースのようなもこもこ素材は、ミシン目が大きい設定で縫うようにしています。もこもこした素材に標準のミシン目で縫うと、ミシンの下についている「送り」で送れず、細かく縫えてしまう上、素材にミシン目が埋もれてしまって、万が一ほどくとなった時に地獄を見ます。(笑)

↓はい、リバーシブルのネックウォーマー完成です。(上の部分にピンクの紐が通してあります。)

5年前に作ったネームタグ、ひらがななので高学年になったら使えなくなると思い、使わせてもらいました。

画像には写っていませんが、通したピンクの紐には、シルバーのコードストッパー(ボタンを押しながら押し上げるやつ!)をつけました。シルバーのコードストッパーは、先日破れたピンクの長靴から拝借。ピンクの長靴はこちらの記事に掲載してあります。

「ユニクロのフリースを長靴の中敷にリメイク」
(とりあえずのつもりで作った中敷き、長靴が破れるまで5年間も使いました)

↓貧乏ミシン部を応援してください!!よろしくお願い致します。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)
↓私はこの値段で買ったけど、売り切れ。

↓こっちならまだ買えるかな?