おしゃれは我慢と言いますけれど、デニムに足を突っ込むのを戸惑うほど暑い時ってありますよね。30代まではハーフパンツも着ていたんですが40歳を過ぎて、遠慮するようになりました。(自宅のみ可)ちなみに似たような形のトップスなら迷わず綿か麻素材を選びます。ポリエステルとは涼しさが違う!!

↓そんなアラフォー女子が新規投入したアイテムがこちら!

足の下から空気が動いて見た目よりも涼しい綿100%の薄手デニムです。

私が20代の頃、ウエストがゴムなんて「女子の恥」または「おばさんの始まり」とばかりに敬遠されていましたが、今ってウエストがゴムになっている率高くないですか?私の周りだけ?

実はこのフレアパンツもゴム!

ウエストが10センチほど大きいんです。(涙)大丈夫、大丈夫、気にしない、気にしないと思っていたんですが、このリボンベルト・・・。

ウエストに合わせてぎゅーっと絞ると、ゴムのウエストがむにゅーっと出てくる。(涙)微調整が効きそうなこのリボンベルトが裏目に出ましたな・・・。

↓仕方がない、直すとしますか。縫い目を探してリッパーで糸を切ります。

うらやましいほど細いママ友がゆるゆるのスカートを穿いていたので、この記事に載せた画像をすべてLINEで送って説明しましたが、若干迷惑そうでした。(爆)

↓中からゴムを引っ張り出します。

ここでゴムの繋ぎ目に出会えたらあなたは今日のラッキーガール!!時々、引っ張っても引っ張っても繋ぎ目が出てこないことってありますから。

↓むにゅーっと出てきちゃう分をカットします。


↓返し縫いでしっかり縫います。糸の最後が固結びになっているのは、二本取りにした糸を玉結びが不可能になるほど、ギリギリまで縫ってしまったから。(笑)

ここで適当に縫ってしまうと、途中でゴムが弾けて痛い目に合うのでご注意くださいね。太いゴムを通し直しするのは、結構厄介ですよ。小学校時代のソーイングセットに入っていたゴム通しじゃ通せませんから。(笑)私はいつも強度を重視して、ミシンで縫っちゃうけど、今日は手縫い。

↓洋服の生地の色にあった糸でまつります。

きれいに縫うこと以上に、生地に合った色の糸を使うことの方が重要だと思うのは私だけでしょうか?縫い目のばらつきも色で解決!!

↓はい、縫えました!完成・・・ではなくて。


↓ここで、超いいことを思いついたんです。

後ろ中心のベルト通しの針が見えますか?
ベルト通しで隠れる位置で、ちゃちゃっとリボンベルトを糸固定!
これで、常にリボンのベルトが左右対称に!!素晴らしい!

デニム素材だからフレアパンツもリボンベルトと一緒に洗った方が色褪せ具合いもそろっていい感じになると思います!!

↓年々洋服の単価が下がっている私にポチっとね。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ

↓数年前うちですごーく流行ったスプレー。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

↓ガスが苦手なうちの虫よけはこれ。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。