iPhoneを機種変更するたびに白いイヤフォンが増えます。(笑)

電車通勤ではないので、普段持ち歩くこともないのですが、トレッドミルで走る時、家族が寝静まった寝室でひとり眠れない時、怒り散らし家族内の空気が悪くなった時など、あっ、今イヤフォンがあったらいいのになぁと思うことがあります。

↓みなさんご存知かと思いますが絡まない巻き方はこうです。

私はNHK教育テレビで知りました。「8」の字を描くように指の間を巻くやり方です。使うときに絡まずにスルッとまっすぐになってくれます。がきつく巻きすぎると抜けなくなる時もあります。

イヤフォンってどうやって持ち歩いていますか?小さい巾着袋とか?いただいたマカロンケースに入れていた時期もありましたがちょっと小さすぎるし、丸く曲げなければならないので、断線が心配でやめました・

そんなわけで、今回から何度かにわたりイヤフォンケースを作ってみたいと思います。納得のいくまで作りたいと思っているので何回になるかわかりません。(笑)「8」の字に巻いてそのまま入れられるケースを目指します!

↓まず思いついたのがシンプルに丸い円を型紙にしたイヤフォンケース。

直径12センチの円をコンパスで描き、1.5センチ分だけカットしました。裏地用のドット柄、うっかり裏面を上にして撮影しちゃいました。すみません。白いのは、少しふわふわさせたくて接着芯を挟んでみました。ダイソーの薄っぺらさがちょうど良いかと・・・。

↓キルティング。珍しく手縫いです。

キルティングすると生地が縮んで小さくなるので、裏地だけ後から丸くカットしました。

↓小学5年の長女に、そのバイヤステープの色、嫌って言われました。

本当は、くすんだグリーンのバイヤステープがあればよかったんだけど、あいにく無かったのでセリアの両折バイヤステープをさらに半分に折って使っていました。画像で見ても、細っ!!ミシンだったら針が落ちているところだけど、今回は手縫いだから大丈夫!(笑)

↓失敗したのが角の処理。

丸くバイヤステープを付けていたのに、ここでうっかり角を立ててしまいました。(涙)

↓半分に折り曲げたら・・・。

角がはみ出ました!!( ;∀;)
無理やり押し込んだおかげでほどよい空間も生まれましたけど。(笑)
円のカーブが前と後ろで揃うように、直径12センチの円のちょうど半分になる位置で折ってあります。

↓革製のボタンをつけて完成です。

自己採点は50点ぐらいでしょうか。最後によい色合いの革製のボタンが使えたので少し救われました。長期間、detekoストックになっているものが登場すると、完成度はそこそこでも満足度が極端にUPします。(笑)それが貧乏ミシン部。

でもまだ納得できません。
次回に続きます。

↓無駄に冷蔵庫を開閉する子供たちにイラっとしている私にポチっとね。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ

↓ぐる~っとファスナーをするのが面倒なんだもん。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

↓常に持ち歩く人なら便利そう。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。