新婚当初、旦那さんは179センチ123キロでした。(爆)5年前にマラソンに目覚め、今は80キロ台をキープしています。ここまで痩せるともう別人。痩せタイプには入らないけど、高校生の頃とほぼ同じ体重なので、今ぐらいがベスト体重なのかも。(自分のことは棚に上げて上から目線…)

 

そんなランナーズハイの旦那さんは10月23日の第二回金沢マラソンで自己ベストを更新。さらに、10月30日の第一回水戸マラソンでさらにタイムを短縮。今回は家族の応援無し!!JRを乗り継いでのひとり旅です。


↓こちらが第一回水戸マラソンの完走メダル。

夫婦で笑ったしまったのが、このネットの書き込み。(笑)

「印籠と梅なんて直球勝負の完走メダル、とっても素敵です。いきなりこんなデザインにしたら、来年はどうするんだろうとすでに心配しています。」確かに。(笑)

 

無事に帰宅した旦那さんの洗濯物を干していたら…。

↓漫画みたいな穴が!

まさか初!茨城県で恥をさらしてきたのでは?と聞いてみたら、パジャマ替わりにしていたから大丈夫、とのこと。

 

実はこのadidasのハーフパンツ、数年前にゴムが伸び、旦那さんに処分してと言われていました。もったいないので、勝手に太いゴムを外し、ゴムを入れ替えられるようにお直し。こっそりクローゼットに戻しておいたものです。

糸が矢印のところだけ切れて浮いた感じになっているけど、一軍入りしたとみなしてよいでしょう。茨城県に連れて行ってもらえたのだもの(笑)紺色の糸が2本もadidasのオレンジのラインを横断しているのは手仕事のご愛嬌。

 

↓何度もやっていますが、ウエストのお直しはこちら。ちなみにこのパンツは転んで破れました。ジョギングしながらお花見をしていて石につまずいたんです。(涙)7年は穿いたなぁ。

 

↓お尻の穴、糸が切れただけなら簡単、ミシンで縫うだけ。

途中で切れている白い紐のようなものは補強のための細い接着芯(?)だと思います。ジャージって買うと高いけど、メーカー側もいろいろ気を使ってくれているんですねぇ。

 

↓はい、完成です!まだまだ穿いてもらます!

 

↓続きまして、ふたつ目。こちらもハーフパンツです。

見たところ、股ズレによる摩擦で太ももの内側の糸が切れたようです。

 

↓でも、よーく見てみると?

あちゃ~直そうにも生地の方も摩擦で切れそうになっていますね。

このまま縫っても先は短い・・・。

 

↓そこで名案!!

縫い目のちょっと内側をINで攻めます。(爆)生地が傷んでいない内側の部分をミシンで縫えば?

 

↓はい!この通り!

絶対無理だと思ったのに、どうやって直したの?えぇぇ?どうやって?と喜ぶ旦那さんにひとこと。

 

「あとで貧乏ミシン部読みな!」

短時間の手仕事で家族に喜んでもらうことができました。

 

↓メダルをリビングに飾ってうまい酒を呑む旦那さんにぽちっとね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ

 

↓これ使うおうかと思ったけど、ハーフパンツが薄すぎてアイロンできませんでした。

 

↓靴下の方は絶賛愛用中。

 

↓旦那さんの必須アイテム!ガーミン!パソコンに繋げて走った道のりを地図に残します!