Come on!!貧乏ミシン部

慎ましい暮らしの中でお金をかけずに生活用品をリメイクしていくブログです。

みなさん台風大丈夫ですか?私はよりによって、台風の風が一番強い時間帯に、町内の集めモノをしなければならず、昨夜びしょ濡れになって町内を歩いていました。何週間も前に自分が指定した日時なので仕方がありません。だってその時はまだ台風が来るだなんてしらなかったんだもん。(涙)みなさん、くれぐれも無理な予定など立てぬよう、お大事になさってください。

私がインテリアに興味を持ち始めたのも小学六年生の頃でした。カーテンのサンプル帳をめくるのが楽しくて仕方がなかったし、母と一緒に壁紙を選んだのも、今となってはよい思い出です。さて長女がその頃の私と同じ年齢になり、部屋をピンクにしたいと言い出しました。次女は ...

続きを読む
私がインテリアに興味を持ち始めたのも小学六年生の頃でした。カーテンのサンプル帳をめくるのが楽しくて仕方がなかったし、母と一緒に壁紙を選んだのも、今となってはよい思い出です。

さて長女がその頃の私と同じ年齢になり、部屋をピンクにしたいと言い出しました。次女はまだピンときていないらしく、聞く度に色が変わります。とにかく、失敗の無いよう壁紙は無難な白にするようにと、私たち夫婦で時間をかけて説得。もちろん、大人も廊下などリフォームする全てを白にしました。

説得の途中、賃貸の人が使うような後から貼れるアクセントカラーの壁紙シートの話もしようかなぁと思いましたが案外値段が高かったので結局言わずじまい。(笑)部屋が新しくなったらカーテンや、カーペットなど嫌でもお金がかかりますからね。

結局、白い壁を渋々受け入れた長女。だったら、ピンクのクッションを作りたいと言い出しました。
同時に次女も縫っていますが割愛させていただき、今回は長女の工程を追います。
夜間の作業のため照明が蛍光色であることをお許し下さい。

そうそう、リフォームも子供たちにクッションカバーの縫い方を教えるきっかけなのですが、もうひとつ理由が!

↓ご覧ください、長女がクラブ長を務める手芸クラブ。こちらが、クッションの完成品。(爆)
kkusyon8
うそーん!!!(笑)
これがクッション?フローリングの目の大きさからお分かりと思いますが、まさに手のひらサイズ!!いくら小学生と言えど、こんなのでクッションとか言っていたら貧乏ミシン部が泣きます!!ちゃんとしたクッションを作ってもらわねば!!

detekoストックの中からピンクの生地を選んでもらい、手芸クラブのクラブ長(←長女)にファスナーの付け方を説明。すると、「ちょっと待って、今、動画で撮るから!」と長女。彼女なりに私の説明を聞き逃してはいけないと思ったのでしょう。(笑)

クッションというものは40センチ角と45センチ角ぐらいが定番。
後々ヌードクッションを買うことも考えて45センチ+左右1センチで47センチ角にカット。

↓一番簡単かな?と思ったので、今回はファスナーの両端に布を付けるやりかたを採用。
kkusyon2
ファスナーと同じ幅のハギレを左右に縫い付け、布と同じ47センチになるよう調整します。
ファスナーのスライダーが邪魔にならないように、手前に置いたり奥にやったりしながら縫ってもらいました。

↓ミシン糸はできるだけ近い色で。下手な縫い目が目立ちにくくなります。
kkusyon3
手の形が私に似ているけど、やっぱり若いなぁ。(笑)

↓ケチなDNAを受け継いでいる子は特に注意!!
kkusyon4
布地のみみの部分を縫い代に利用すると、うっかりすると、みみが表に出てしまいがち。
余裕をもってみみの内側を縫いましょう。表にみみが出ると案外気になるものです。


↓これも、ありがちな失敗。
kkusyon5
こんな場合は、縫いながら、ほんの少し布地を手前に引っ張ってやれると最後に段ができません。
もっと、布地の伸縮性を利用しましょう。

↓角を綺麗に出すには内側から角の縫い目を目印に、縫い代をキッチリ折って返します。
kkusyon6
それでも、角が綺麗にでなければ針先で出してみましょう!!
おっと部屋着として長女は部活動作品「サロペットをリボン付きバルーンパンツにリメイク」を着用中ですね。うすいピンクのパンツ、とても気に入ってくれています。

↓というわけで綺麗なピンクのクッションカバーが完成しました。(翌朝、自然光で撮影)
kkusyon7

↓数日後、私が留守の間に紫の花柄のクッションカバーが増えていました。
kkusyon1
動画の説明を見ながら縫ったそうです。ホント現代っ子ですね。
紫のクッションカバー、よく見るとファスナーが黒!!
私なら絶対に無いわぁ・・・。でも自分でもう一枚縫うなんて、なかなかやるな。

ちょっとシワシワのクッション。
実は我が家にはヌードクッションが無くて、長女が梱包材のプチプチを入れていました。(涙)

これはあまりにも可哀想。すぐにでもヌードクッションの手配に入らねば!!緊急を要しますので、ヌードクッションについては明日、明後日・・・とりあえず、近日中に更新したいと思います!!

クッションカバーが完成した途端、「やっぱりテーマカラーかっこよく黒とダークブランにするわ!」と長女。ほらね~壁紙をピンクにしなくてよかったでしょう?(涙)

↓1位になれないので、応援よろしくお願いします。
     にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ     

↓今見たら半額になってる!!


↓これもいい感じ。