Come on!!貧乏ミシン部

慎ましい暮らしの中でお金をかけずに生活用品をリメイクしていくブログです。

2018年の新しい手帳を使い始めました。12月生まれでよかったことは、新しい手帳に2回も自分の誕生日を書き込めること。昔から高橋の手帳を愛用していますが子供の成長に伴い、書き込む内容が増えたので手帳のサイズを大きくしました。子供たちも毎年私のマネをして手帳を買うのですが、続いた試しがありません。そりゃそうさ、私だって1年通して同じ手帳を使い続けられるようになったのは、大人になってからだもの!!

来年中学生になる長女が中学校部活説明会の資料を持って帰ってきました。残念なことに、ミシン部も手芸部もありませんでした。来年4年生になる次女がクラブ活動の見学をしてきたそうです。手芸クラブは第四候補だそうです。(汗)今週の日曜日は、リビングを掃除し、リフォ ...

続きを読む
来年中学生になる長女が中学校部活説明会の資料を持って帰ってきました。残念なことに、ミシン部も手芸部もありませんでした。

来年4年生になる次女がクラブ活動の見学をしてきたそうです。手芸クラブは第四候補だそうです。(汗)


今週の日曜日は、リビングを掃除し、リフォーム後、忙しくてまだまだ思うように片付けられていない二階の部屋を・・・と心の中でゆるい予定を立てていました。

子供たちの部屋はすっかり落ち着き、エアコン禁止令の解除を待っています。雪が降るまではリビングから階段を通って二階に届く余熱でなんとか頑張ってくれ、夫婦の思いです。

さすがに子供でも、足元が冷たいらしく、次女(小3)が日曜の早朝からルームシューズの自主製作を提案してきました。片付けも終わっていないのにミシンを広げている場合ではないと、聞いて聞かないふり。次女にボタンの整理、リボンの整理、書類の整理等を手伝わせ、気がつけば夕方。

「ルームシューズはもう無理だよね?」と次女の控えめなアピールに胸がいたい。(涙)昨シーズン、サイズアウトを理由に、次女のスリッパを捨てたのは他ならぬ私。

「手伝わないから、自分で作ってね」と念を押し、不要になったフリースで製作開始です。

↓フリーハンドの裁断。かなり自由です。
aroom1
コンセプトは、『簡単、切りっぱなし、階段を上がれるルームシューズ!』

↓黄緑の紙は次女が自分の足からとった型紙。
aroom2
くまさんはキルティングですが、裏に滑り止めが付いていたので即採用。ひと回り大きく裁断します。ひざかけ端っこ、ステッチ部分を使ったのは次女のアイディアです。

側面となる部分を丸く切ってちょっとお試し。(笑)こんなカーブなら、足首にそってくれるかと。ちなみに長さは適当です。伸びるフリースを正確に裁断しても絶対無理だと思うので。(笑)

↓くまのキルティングとフリースを二枚重ねて縫います。
aroom3
フリースを重ねて暖かさをUPしたのはいいけど、裏の滑り止めのせいで縫いにくいんじゃないかなぁと思いながら口は出さずに見ていました。

↓底が完成したら、かかと部分から、側面を縫い付けます。
aroom4
中心となるかかと部分から右へ、左へ。

↓側面の長さが適当なのでこんなにも長くなりました。
aroom5

↓少々のミスは見ないふり。
aroom6

↓見ないふり。(笑)
aroom7

足の甲の上になるパーツは、大胆に足に当てて裁断。フリースは伸びるので何とでもなります。

↓ワッペンを縫い付けたいけど縫えないと言ったので・・・。
aroom8
四ヵ所返し縫いをすることで回避。ワッペン少し浮いてます。その後、足の甲のパーツを縫い付けて完成です。

↓着画。
aroom9
こんな切りっぱなしのルームシューズでも、作った本人は大満足。って言わなくても、画像のポーズから次女の満足度が伝わってくる(笑)

貧乏ミシン部としては、切りっぱなしのボロボロが気になりますが、縫い代を内側に巻き込んでいない分、履き心地は良いようです。足の甲も隠れているので、階段も登れそう。作りたい!!という気持ちを叶えてあげることができて、安易に100均に逃げずに済んで、よかった、よかった。

このルームシューズで物足りない方は、私が過去に作ったこちらをどうぞ!。
「ロンパースをルームシューズにリメイク」
3シーズン、穴が開くまで使い倒しました!!

次に私がルームシューズを作るとしたら、迷わずダウン素材だ!と思っています。
いつになるか分かりませんけど。(笑)

↓小3女子の成功体験にポチっとお願いします。 
      にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ      

↓ダウン素材の室内履き、憧れるぅ。(爆)

↓求む!!メンズ28センチ以上!